Tag Archives: ダニ

荷物の床置きを解消する方法など8記事【キッチングッズ・便利グッズ】15.5,6月

家事代行・家政婦サービスエコビーンズ【家事や暮らしに役立つ便利な豆知識】のFacebookやGoogle+で紹介した【キッチングッズ・便利グッズ】に関する15.5,6月の記事をまとめました。

暮らしに役に立ちそうな便利グッズやアプリなどを集めてみました。

家事の時短や、効率化に役立つものがあるかもしれません。

 

いいモノ調査隊 [生活お役立ち] 省スペース! これ1本に8種のキッチングッズが詰まってるぞ♪

何かと場所を取るキッチン用品。限りある収納スペースに、困っている人も多いことでしょう。

荷物の床置きを解消する方法 - 100均のS字フック活用編

床に物を置いていると、掃除しづらいし転ぶし、避けて通るのが面倒だし、何よりどんどん片付け下手になっていくので、できるだけ床置きはしないように心がけていますが。。。

食材で話しかけるとレシピで返事するLINEアカウント『remy』が超便利!!

一人暮らしの方や、毎日の献立を考える主婦の方にはピッタリですよ! 友だち追加しましょう〜。

防災の新常識「防災グッズ」に入れておくとかなり役に立つ身近なモノ

6日放送の日テレ『世界一受けたい授業』で、防災の新常識を紹介。防災プロデューサー・永田宏和先生が語った、防災グッズに加えておきたい便利な物とは?

【時短生活】くるりと回る衣類乾燥除湿機で部屋干しの常識が変わる

梅雨時はどうしても避けられない部屋干し。生乾きは悪臭が発生するだけでなく、雑菌の繁殖も気になりますし、お部屋のカビやダニの発生のリスクも。送風や除湿、乾燥機能のある機器を上手に併用しましょう。

100均グッズも活躍!「ムシムシ夏の寝室を快適にする」裏ワザ2つ

夜が更けても蒸し暑く、カラダも何だかベタベタして寝苦しい日が増えてきましたよね。 とはいえ、一晩中エアコンをつけるのは電気代がもったいないしカラダにもよくなさそうだし……とお悩みの方も多いはず。

即完売!亀の子束子が生んだすごいスポンジ

亀の子束子(たわし)西尾商店は、100年以上にわたってたわしを作り続けてきた老舗企業だ。そんな同社が、今年の5月1日に新商品を投入し、即完売だったそう。

もう賞味期限切れで食材を無駄にしない!【Limiter】 2015年6月27日 15:00

そんなうっかりを防いでくれる心強いアプリ【Limiter】をおすすめします! 食材を無駄にすることなく、家計にも優しいこのアプリでキッチンのストック管理を今日から始めてみませんか?

はてなブックマーク - 荷物の床置きを解消する方法など8記事【キッチングッズ・便利グッズ】15.5,6月
Pocket

キッチンスペースを活かすアイデアなど5記事【片付け・収納・掃除】15.3,4月

家事代行・家政婦サービスエコビーンズ【家事や暮らしに役立つ便利な豆知識】のFacebookやGoogle+で紹介した【片付け・収納・掃除】に関する15.3,4月の記事をまとめました。

日頃の片づけやおそうじをしやすいように、時間があるときに改善をしておきたいものですね。

 

掃除・洗濯時に花粉をできる限り除去するための対策まとめ

花粉によるアレルギー症状を少しでも和らげるために、「部屋の中にいれば花粉による被害も少ないだろう」などという考えは誤り。

[なっ解く]食洗機、清潔に保つには…フィルター掃除を毎回

 

今の時期に対策を!アレルギーを引き起こす「ダニ」撃退のコツ3つ

今の時期に対策を!アレルギーを引き起こす「ダニ」撃退のコツ3つ

狭いキッチンを快適に♡スペースを活かす5つのアイデア

狭いスペースを快適にするアイデアを提案します。

ベッドのお掃除マニュアル

毎日使うベッド。いつでも清潔にしておきたい場所ですが、掃除方法がよくわからないという人が多いのでは?そこで、自分でカンタンにできるベッドのクリーニング方法を覚えておきましょう。

 

はてなブックマーク - キッチンスペースを活かすアイデアなど5記事【片付け・収納・掃除】15.3,4月
Pocket

ベッドや布団のダニ対策を簡単にする方法

bedroomあまり考えたくはないものかもしれませんが、しっかりと対策をしましょう。

ダニ対策は湿気とほこりを取り除くこと

一番ポピュラーなチリダニは、絨毯や畳、布団、衣類、ぬいぐるみなどに生息しています。繁殖しやすい条件は、高温多湿で隠れる場所があり、エサがあることです。ダニを退治するためには、それらの条件を取り除くことが大切です。まず換気を十分に行い、湿気をなくします。洗濯物の室内干しは、湿度を上げることになるので注意しましょう。そして念入りに掃除をして、ダニのエサとなる人やペットの垢、フケ、食べこぼし、ほこり、カビなどを取り除きます。

ダニが最も多いのが布団の中

布団は湿気を含んでいるうえ保温性もあるので、ダニには格好の場所です。また布団は長時間体に触れるものなので、ダニが潜んでいると刺されたり、アレルギーも起こしやすくなります。ダニの糞は水溶性ですので、洗える布団であれば洗うことできれいにすることができます。

布団の干し方

布団はよく晴れた日に干しましょう。一晩寝ると、大人でだいたいコップ1杯の汗をかき布団に吸収されています。万年床では湿気を取り除くことができず、カビが繁殖してしまいます。最低でも週に1回は布団を干して湿気を取り除きましょう。枕やマットレスなども同様です。干すときは朝早い時間と夕方は湿気が多いので、晴天の日の10時から14時ぐらいまでの間がいいようです。

湿気の多い日や雨上がりに干すのはかえって逆効果になります。直射日光で布団を傷めないために、シーツやカバーをかけたまま干すことをお勧めします。また、寝ている間に湿気は布団の下のほうに浸透していくので、肌に当たる面の反対側のほうが水分を多く含んでいますので、布団の両面、特に肌に当たる面の反対側を長めに干すようにしましょう。また毛布なども同様です。布団乾燥機の使用もかなり効果があります。

布団は叩かずに死骸は布団クリーナーや掃除機で吸い込む

ダニを退治しても、死骸が付いたままでは効果も半減してしまいます。例えば、布団を干した後、ダニは死んでいますが死骸やフンは布団の中に入ったままです。そのままの布団に寝たのでは、死骸やフンを吸い込みかねませんので、布団を取り込んだら、布団クリーナーや掃除機のヘッドに専用の布団ローラーを付けて掃除機で吸い取りましょう。布団を干した時に布団をたたく必要はありません。ご近所の迷惑にもなりかねませんし、強くたたくと綿の繊維をつぶしてしまい、寿命を縮めてしまうことがあります。

掃除機のごみパックはこまめに取り替えましょう

絨毯にもダニはたくさんもぐりこんでいます。こまめに掃除機をかけることが大切です。掃除機で吸い取ったたいていのダニは死滅しますが、掃除機のゴミを溜める紙パックに死骸が残ります。抗菌処理をされていなければこまめに取り替えましょう。

ダニ対策グッズを使いましょう

最近では、布団のすき間などに置くだけでダニを捕れる粘着シートなどのダニ対策用品があるので参考にしてみてください。

ダニバリア ダニよけゲル

ふとんに虫コナーズ

ダニ粘着シート

こちらも参考にどうぞ

湿気が多くなる前にニオイも汚れもすっきり!枕や枕カバーの正しいお手入れ方法-NAVERまとめ

 

 

はてなブックマーク - ベッドや布団のダニ対策を簡単にする方法
Pocket